デザイン&建築

2008年春首都オスロにオープンしたスノーヘッタ設計のオペラハウスが、2009年度ミース・ファン・デル・ローエ賞を受賞しました。この賞は過去2年の間に完成した建物を対象に、優秀な建築作品に贈られるヨーロッパの現代建築賞です。 更に読む

16世紀にFredrik2世によって造られたノルウェー南東部の街Fredrikstadには古い城塞が今でも残り、手工芸の長い伝統があります。1960年代にはガラスやジュエリー、陶磁器のデザイナーが工房を構えていました。街の南部Kråkerøyにあるデザインスタジオの陶磁器が今話題を呼んでいます。 更に読む

オーガニック素材を使ったファッション性の高いブランドとして知られる「FIN」の2009秋冬コレクションの展示会が、4月7,8日にノルウェー大使館で開催されました。 更に読む

昨年新オペラハウスがオープンしたオスロのウォーターフロント地区Bjørvikaに、ムンク美術館とオスロ市立図書館の建設が計画されています。去る3月27日に建築設計コンペの結果が発表され、それぞれスペインとノルウェーの設計事務所が一位に選ばれました。 更に読む

ノルウェーと日本の6名のテキスタイル作家による展覧会 CULTEX - textile as a cross-cultural language (CULTEX  共通言語としてのテキスタイル -共振する思考-)が、4月4日にオスロ郊外のモス市(Moss)にあるGalleriF15で始まりました。 更に読む

薄い白樺材に森の木々や動物の模様をレーザーカットした独特のForest Lampで知られる照明デザイナー、カトリーネ・クルベルグ(Cathrine Kullberg)の大型作品が、オスロの高級デパートSteen&Strømのレストランにお目見えしました。 更に読む

オスロと並び、ベルゲンは多くの若手家具デザイナーを輩出しています。現在最も注目される2人組、トヴェイト&トルヌー(Tveit&Tornøe) との交流をジャーナリストの川上典李子さんがフィガロジャポンのウェブサイトのコラムで語っています。 更に読む

ハンメルフェストは、ノルウェー北極圏の人気観光スポット ノールカップへの入口に位置し、年間約25万の人々が訪れる街です。このハンメルフェストに、設計事務所「a-lab」が手がける文化複合施設「Arktik kultursenter -AKS- (Arctic Culture Centre 北極文化センター)」が完成しました。来年1月に正式にオープンします。 更に読む

3人のデザイナー(Andreas Engesvik、Espen Voll、Torbjørn Andersen )が率いるデザイン集団ノルウェーセイズに、この度スウェーデンのデザイン賞Torsten and Wanja Söderberghs Awardが贈られました。 更に読む

カーボンニュートラル、エコロジー、フェアトレード。今やファッションの世界でも環境への配慮が重視されています。環境に優しいファッションを理念に掲げるノルウェーのブランド「FIN」が、2008年春夏コレクションを発表しました。 更に読む

国の歴史や文化的背景にまで踏み込み、ノルウェーデザインの概観がはじめて一冊の本にまとめられました。 更に読む

夏スキーで知られる西ノルウェーのスキーリゾート、ストリーン(Stryn)に本拠地を置くノルウェーのファッションブランド Moods of Norway の作品には、ノルウェーのルーツを感じさせる趣向があります。 更に読む

ノシュクフォルム(Norsk Form)が主催するクリスマス用包装紙デザインコンテストの結果が、11月14日に発表されました。優秀作品は商品化され、その収益はセーブ・ザ・チルドレンに寄付されます。 更に読む

ノルウェーを代表する建築家スヴェレ・フェーン(Sverre Fehn)が2月23日に亡くなりました。享年84歳。 更に読む

家具のデザインから始まり、ガラス、照明器具、電子機器、テキスタイルとそのレパートリーの幅を広げ活躍するノルウェーセイズ。いまでは、スカンジナビアのデザイン界をリードするデザイン集団のひとつとして認められています。この度ノルウェーセイズに  北欧最高峰のデザイン賞 「Torsten and Wanja Söderberg’s Prize 2007」が授与されスウェーデンの Röhsska museum で授章式が行なわれました。 更に読む

建築家スヴェレ・フェーンSverre Fehn (1924–2009)の作品には、自然と人間的な資質が共存しランドスケープとの対話が表現されています。「建築は、周囲の環境をより美しく見せるものでなくてはならない」というフェーンの信念が表れています。 更に読む

ネパールの首都カトマンズにノルウェー大使館の新しい建物が完成し、8月18日にソールハイム環境大臣を迎えて落成式が行なわれました。北欧らしいデザインと地元ネパールの建材を用いた建物に、ノルウェーとネパールの文化が融合されました。 更に読む

オスロの新しいランドマークとしてビョルヴィーカ地区に今月完成したオペラハウスは、エジプトのアレクサンドリア図書館やベルリンのノルウェー大使館のデザインで知られるスノーヘッタの設計によるものです。大理石とソーラーパネルの機能を持つ巨大なガラスのファサードが特徴的なこのオペラハウスは、海面からそそり立つ氷山を想起させるデザインです。 更に読む

ノルウェーデザインをコンセプトにしたショップ「Pur Norsk」(プルノシュク)が昨年秋オスロにオープンしました。ノルウェーデザインへの関心を高めPRすることを考慮した日用品やギフトアイテムがセレクトされています。 更に読む

地雷撤去オペレーション用に新たにデザイン・開発された防御マスクとベストに、デザイン賞 Index Award2007が贈られました。 この製品は、デザイン技術を、国際開発および人権保護と結びつけることを目的に、ノシュク・フォルムがデザイナーおよびノルウェー・ピープル・エイド(NPA)と協力して進める非営利プロジェクト「Desig without Borders」から生まれました。 更に読む