オスロ建築デザイン大学に優秀賞(LIXIL国際大学建築コンペ)

オスロ建築デザイン大学 プロジェクト参加メンバー. 
写真: Norwegian Embassy Tokyo.オスロ建築デザイン大学 プロジェクト参加メンバー. 写真: Norwegian Embassy Tokyo

最終更新日: 13.05.2014 // 国内外の大学を対象に、サスティナブル建築の提案を募り行なわれる「第4回LIXIL国際大学建築コンペティション」で、オスロ建築デザイン大学のプロポーザルが優秀賞に選ばれました。

同コンペティションは、次世代のサスティナブル住宅の技術を模索・検証し、国際社会にその技術を発信することを目的に公益財団法人LIXIL住生活財団の主催により2011年から開催されています。

4月26日に都内で行なわれた最終審査会で、上位3校(オスロ建築デザイン大学は東京農業大学、カリフォルニア大学バークレー校)によるプレゼンテーションに引き続き、審査員による質疑応答および公開検討会が行なわれた結果、カリフォルニア大学バークレー校が最優秀賞に選ばれました。

オスロ建築デザイン大学は僅差で優秀賞に終ったものの、「An endless path for five senses」と題した自然との共生を軸としたプロポーザルは審査員から高い評価を受けました。

An endless path for five senses-オスロ建築デザイン大学An endless path for five senses-オスロ建築デザイン大学
 
オスロ建築デザイン大学の参加者は「最優秀賞に選ばれなかったのは大変残念ながら、他の優れた参加大学の中から上位3校に選ばれたことに達成感がある」「審査会で寄せられた建設的なコメントやフィードバックを有難く受け止めている」と感想を語っています。>>AHO students nearly win prestigious architecture contest

 

 


Bookmark and Share