ノルウェー現代建築デザインをめぐる(連載)

昨年春竣工間近のオペラハウスから始まり、異なる側面から現代ノルウェー建築をとりまく環境について案内いただいてきた建築家山田良氏による寄稿連載。最終回となる今回は「ノルウェーと日本の距離」をテーマに、今月オスロで開催された『ジャパンウィーク2009』の紹介とともにレポートして頂きました。 更に読む

オスロ建築デザイン大学(AHO)で教鞭をとられた経験に基づくノルウェーの建築デザイン教育についてのレポートです。 更に読む

デザインに大きく影響する「ディテール」の観点から、ノルウェー現代建築について考察いただきました。 更に読む

ノルウェーでは建築・デザインの情報をどのように入手しているのでしょうか。建築家・山田良氏による連載寄稿第7回は、「現代建築とノルウェーのメディア」についてのレポートです。 更に読む

「ナショナルーリストルートプロジェクト」に関する第2回めのレポートです。同プロジェクトのコンペに参加された様子をご報告頂きました。 更に読む

現在ノルウェー国内で整備が進められている観光道路の沿道に、デザインに工夫を凝らした、新しいコンセプトの休憩所や展望台が次々と誕生しており、利用者はもとより建築・デザイン関係者からも大きな関心が寄せられています。つくり手としてプロジェクトに係わった経験をふまえ、「ナショナル・ツリースト・ルート」についてレポートして頂きました。 更に読む

ノルウェーの建築家が考えるスカンジナビア・北欧デザインとは―彼らがデザインに優先するテーマは何か ― Jensen & Skodvin 建築設計事務所での体験を通して得た印象についてご紹介いただきます。 更に読む

連載寄稿の第3回は「スカンジナビア・エクスペクテーション」と題し、昨年9月に開催された「オスロ建築トリエンナーレ」と、スカンジナビアデザインの担い手である若手建築家達の今についてご報告いただきました。 更に読む

山田良氏(建築家・札幌私立大学)による連載寄稿、第2回目のレポートです。前回に引続き、4月12日にオープンを控えるオペラハウスについてご案内頂きます。 更に読む

ノルウェーの建築デザインは現在国際的にも熱い注目を集めており、多くのノルウェー人デザイナーが国内外で幅広い活躍をみせています。今春、首都オスロでは建築博物館やオペラハウスなど注目される建物が相次いでオープンします。2007年秋に開催されたオスロ建築トリエンナーレに参加するとともに、現地取材を行なった建築家の建築家の山田良氏によりノルウェー建築デザインの最新事情を今年一年にわたりレポートして頂きます。第一回は、4月に竣工予定の新オペラハウスについてのご報告です。 更に読む