写真: Norwegian Embassy Tokyo.写真: Norwegian Embassy Tokyo

ノルウェーデザイン@IFFT

最終更新日: 04.12.2014 // 先月末に東京ビッグサイトで開催されたインテリア・デザインの国際見本市「IFFT/インテリアライフスタイル リビング」に、総合ノルウェーブース『ノルウェージャンアイコンズ(Norwegian Icons)』が出展しました。

同ブースでは、「Vintage Design」と「New Design」の2つのテーマを設け、新旧ノルウェーの名作デザイン家具やプロダクトが展示されました。ミッドセンチュリーのビンテージデザインが国内外で大変注目を集めるなか、Norwegian Iconsはノルウェーの優れたデザインの情報を海外に発信する重要な役割を果しています。

新デザインとしては、若手デザイナー組織Klubbenによるプロトタイプ・製品が紹介されました。 Klubbenは、2011年に3名のデザイナーVictoria Günzler、Sara Wright Polmar、 Sverre Uhngerによって創設された若手デザイナーのメンバー組織です。現在ではオスロ、ベルゲン、コペンハーゲン、ロンドン、ベルリン、ニューヨークで活躍する29名の才能ある家具・プロダクトデザイナーが所属。国内外でノルウェーのデザインを広めると同時に、デザイナーと産業界や企業との結びつきを強める活動をしています。

今回IFFT会場には「フグレン東京」が初登場。Fuglen Roastersで自家焙煎されたこだわりのコーヒーをフグレンのバリスタが提供し、本家オスロのFuglenの雰囲気が再現されました。

写真: Norwegian Embassy, Tokyo.写真: Norwegian Embassy, Tokyo
 

Bookmark and Share