Ludvig Holberg. 
写真: Holberg Prize.Ludvig Holberg. 写真: Holberg Prize

ホルベア賞

最終更新日: 04.09.2013 // ルドヴィーク・ホルベア記念基金は、芸術、人文科学、社会科学、法律、神学への関心を高めることを目的に2003年に創設されました。

同基金は毎年、ホルベア国際記念賞、ニールス・クリム賞、ホルベア賞学校プロジェクトの3部門で賞を授与しています。

ホルベア国際記念賞
この賞は、対象となる学術分野の優れた業績に対して贈られます。委員会が関連分野の中から目覚ましい活躍を収める研究者を推薦し、これに基づき評議会が賞を授与します。ホルベア賞受賞者には、賞金の450万ノルウェークローネ(約57万ユーロ/71万6千米ドル)とメダルが贈られます。

ニールス・クリム賞
対象となる学術分野で活躍する北欧の若手研究者に、賞金25万ノルウェークローネ(約3万2千ユーロ)が贈られます。委員会が関連分野の卓越した北欧の研究者を受賞者として推薦します。候補者は35歳未満に限られます。

ホルベア賞学校プロジェクト
毎年、ノルウェーの高等学校の生徒が招かれ、第一線で活躍する学者と共同で行うプロジェクトに参加しています。こうしたプロジェクトの中から3つが選ばれて賞金が贈られ(それぞれ7,000、4,000、2,500ノルウェークローネ)、受賞者に選ばれた学生は、ホルベア国際記念賞の授与式に招待されます。学校プロジェクトの一環として、教師にも助成金が贈られます。
同学校プロジェクトの主な目的は、芸術および人文科学、社会科学、法律、神学について、児童や青少年の理解や興味、熱意を高めることです。


ルドヴィーク・ホルベア Ludvik Holberg(1684~1754年)
ベルゲン出身のルドヴィーク・ホルベアは、コペンハーゲン大学で、形而上学、論理学、ラテン修辞学および歴史学の教鞭を執り、北欧諸国の啓蒙に重要な役割を果たすとともに、学際的、国際的な取り組みを通して、学問や教授法の近代化を目指しました。彼はまた、デンマーク・ノルウェー連合で学問としての国際法の礎を築きました。彼のユーモアと皮肉を交えた著述は、人は自らを省みて、自分がどのように見られているかを考えてみる必要があるという概念を読者に説きました。

彼の著作の中には翻訳されているものもあります。おそらく、よく知られた論文としては『Introduction til “Natur- og Folke-Rettens Kundskab』(Introduction to Natural and International Law)、劇では『Jeppe på bjerget』(Jeppe of the Hill)や『Den Stundesløse』(The Fussy Man)、『Erasmus Montanus』、また、小説では『Nils Klims reise til den underjordiske verden』(The Journey of Niels Klim to the World Underground)があります。


写真
Ludvig Holberg. 写真: Holberg Prize

 


Bookmark and Share