ノルウェー生活の節約術

生活費が高いことで知られるノルウェー。留学生にとっては特に厳しい現実です。こうした心配を払拭し、新生活を少しでも快適に過ごして欲しいと、ノルウェーの節約ポータル"CupoNation"が節約のヒントを案内しています。

(下記の情報はCupoNationの許可を得て掲載しています。)

写真: www.pixabay.com.写真: www.pixabay.com
 

1.学割の積極活用
多くの都市や町で住民に占める学生の割合が比較的高いノルウェーでは、学生向けにさまざまな割引制度が充実しています。大学・学校ではこうしたサービスのある地元の店舗や施設の情報を用意していますが、買い物の際に店員やスタッフに直接尋ねてみるのも得策です。

 

2.格安・早割運賃の利用
ノルウェー滞在中にキャンパスライフを楽しむのは勿論のこと、時間の余裕があればノルウェー国内の様々な土地や近隣諸国にも出来るだけ足を延ばしてください。バスは最もリーズナブルな旅の交通手段ですが、2~3週間の余裕をみて旅行の計画を立てれば、早期割引の電車・飛行機の乗車券購入の可能性が広がります。

 

3.人生で最良のものにお金はかからない
ノルウェーの大自然から得られる感動に勝るものはありません。自然とのアクセスは容易で、しかも無料です。エンパイアステートビルのような高層ビルの最上階から都会を見下ろすのも息を呑む光景に違いありませんが、フョルドにそびえる604mのプレーケストーレンの端から手すりもハーネスもない端に立って遥か水面を見下ろす時のスリルは格別です。

 

4.スーパーマーケット
スーパーマーケットで学生割引はありませんが、事前に情報を集めることで日々の食材も安く買い物をすることが出来ます。スーパーチェーン店は互いに日々激しい価格競争を行っています。また、人気商品を値下げするだけでなく、各チェーン毎に独自の格安ブランド(X-tra、First Price、Coopなど)を設け顧客サービスを行っています。

 

5. "マートパッケ"(Matpakke)
ノルウェーで暮らし始めれば必ず耳にすることになる「マートパッケ」。ノルウェーの「お弁当」で、パンに具をのせたりはさんだりする、いわゆるサンドイッチです。ノルウェー人は大抵、仕事や学校にマートパッケを家から持参します。マートパッケの中身は主にチーズやハムなど。シンプルながらノルウェー人にとってお弁当の定番です。
スーパーの格安ブランドとマートパッケのコンビネーションで、食生活は節約必至。

(生活費を節約しつつ)ノルウェーの日々を存分に楽しんでください!


Bookmark and Share