写真: Innovation Norway.写真: Innovation Norway

ノルウェーと日本の教育協力-助成プログラム公募情報(2015)

最終更新日: 07.04.2015 // 「ノルウェー教育・研究省」は、国際協力を通じて、保育、教育、研究の各分野における質の改善、刷新、妥当性の向上を推進しています。各国との二国間協力が世界中の優れた専門的環境にアクセスすることを可能にしており、その中心はノルウェーと欧州諸国との協力です。更に、ノルウェーは日本を含む欧州連合(EU)域外の以下8ヵ国を知識分野における重点的な協力パートナーと位置づけています:米国、カナダ、日本、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ

国際協力を後押しするため、Norwegian Centre for International Cooperation -SIU- (ノルウェー教育国際協力センター)には、高等教育・研究分野での日本との協力を含む2つのプログラムがあるほか、日本の学生を対象とした奨学金プログラムが1つあります。

●High North Programme
(極北プログラム)

このプログラムの総合的な目的は、「極北」に関する知識の拡大、強化、普及で、ノルウェー政府のHigh North Strategy(「極北戦略」)に掲げられた目標の達成を目指しています。プログラムはすべての学問分野を開かれており、次の3種類のプロジェクトがあります。
 長期的なプロジェクト協力(3年間のプロジェクトで、1プロジェクトにつき最高150万クローネまで)
 限定的な協力活動(2年間のプロジェクトで、1プロジェクトにつき最高30万クローネまで)
 準備のための訪問(最高7万クローネまで)
2015年度支援資金枠:約2,200万クローネ(約3億3,400万円)
2015年度申請期限:9月23日
詳細については、下記のSIU英語ウェブサイトをご覧ください。
http://www.siu.no/eng/Programme-information/North-America-and-the-High-North/High-North-Programme-2013-2018 

 

International Partnership for Excellent Education and Research (INTPART)
(卓越した教育と研究のための国際パートナーシップ)

ノルウェーの高等教育・研究機関とEU域外の重点協力対象国8ヵ国の質の高い学術・研究団体の間の長期的関係の発展を図るプログラムです。INTPARTの目的はノルウェーで世界レベルの研究と教育を発展させることにあり、プログラムを通じて、研究と高等教育における組織間協力の構築と、そのさらなる発展を支援します。公営企業や民間企業との協力も推奨されています。
2015年度支援資金枠:7,000万クローネ(約10億6,500万円)
2015年度申請期限:5月27日
詳細については、下記のResearch Council of Norway(「ノルウェー・リサーチ・カウンシル」)のウェブサイトをご覧ください。
http://forskningsradet.no/en/Funding/INTPART/1254007331831/p1184150364108?visAktive-true 

 

 

High North Fellowship Programme
(極北フェローシッププログラム)

このプログラムは、高等教育の一部をノルウェー北部の教育・研究機関で受ける日本の学生に奨学金を提供するもので、ノルウェー外務省が資金を助成しています。
奨学生には1ヵ月あたり約9,440クローネが支給されるほか、同額の旅費の助成があります。ノルウェーの高等教育機関では留学生は授業料を払う必要がなく、奨学金は住居費や生活費を賄うために支給されます。
この奨学金の詳細については、http://studyinnorway.no/High-North-Scholarship をご覧ください。


テキスト: Norwegian Centre for International Cooperation in Education (SIU)   |   Bookmark and Share