国際料理コンクールでノルウェー優勝

最終更新日: 30.01.2015 // 今週フランスのリヨンで開催された第15回ボキューズ・ドール国際料理コンクールで、ノルウェー代表が見事優勝を果たしました。

ボキューズ・ドール(Bocuse d’Or)は、世界に名を馳せた料理人ポール・ボキューズにより1987年に設立された国際料理コンクールです。各大陸予選を勝ち抜いた選りすぐりの24ヵ国を代表する料理人により、審査員と各国サポーター約2700名が見守る会場で熱戦が繰り広げられます。

レストランBekkjarvik Gjestgiveriのシェフでノルウェー代表のØrjan Johannessennは、与えられたテーマ食材を卓越した技術で独創的な料理に仕上げ、5時間35分に及ぶ料理コンテストを制しました。

今回でノルウェーは2位・3位を含めて通算9回の入賞、5度目の優勝となります。また今年はスウェーデンが3位入賞、フィンランド(4位)、デンマーク(6位)、アイスランド(8位)と北欧諸国がいずれも好成績を収めています。


Bookmark and Share