写真: Jo Nesbø © Håkon Eikesdal .写真: Jo Nesbø © Håkon Eikesdal

ジョー・ネスボ『ヘッドハンターズ』翻訳出版

最終更新日: 23.10.2013 // ハリー・ホーレ刑事シリーズで知られるジョー・ネスボの『ヘッドハンターズ』が講談社から翻訳出版されました。この作品はハリー・ホーレシリーズとは異なり、名うてのヘッドハンターを主人公とした作品です。ノルウェーブッククラブ最優秀小説賞を2011年に受賞し、同年映画化もされました。


ジョー・ネスボ(Jo Nesbø)は1960年オスロ生まれ。ノルウェーを代表する犯罪小説作家です。ティーンエージャーのころはサッカー選手を目指してノルウェーのプレミアリーグでプレー、やがて証券会社に勤務しながらロックバンドで活躍の後、オスロ市警察刑事のハリー・ホーレ(Harry Hole)を主人公とした小説を書き始めました。処女作が出版社の目に留まり出版されて以来、不動の人気を誇っています。

北欧の最も優れた推理小説に授与される『ガラスの鍵』賞や、ノルウェーの犯罪小説史上最高の作品に与えられるBest Norwegian Crime Novel of All Time賞など、数々の賞を受賞しています。作品は世界40の言語に訳されています。

日本ではこれまでにハリー・ホーレ刑事シリーズの『コマドリの賭け』(ランダムハウス講談社)と、『スノーマン』(集英社文庫)が出版されています。

『ヘッドハンターズ』(講談社文庫)
2013年10月16日出版
原題:Hodejegerne
翻訳:北澤和彦
ISBN:978-4-06-277657-8

映画『ヘッドハンター』公式サイト>>

 

写真: Jo Nesbø © Håkon Eikesdal.写真: Jo Nesbø © Håkon Eikesdal
 

Bookmark and Share