Sapporo Junior Jazz SchoolSapporo Junior Jazz School

札幌ジュニア・ジャズ・スクール オスロへ

最終更新日: 11.07.2012 // 札幌とオスロは長い間特別な絆を育んできました。いずれも冬季オリンピックやノルディックスキー世界選手権を開催した、ウィンタースポーツの中心地です。近年札幌とオスロはジャズを通した交流を続けています。

 昨年ノルウェーを代表するサーメ人の歌手、マリ・ボイネが札幌ジャズフェスティバルに参加し、好評を博しました。マリ・ボイネと音楽仲間は札幌ジュニアジャズスクールのためのワークショップを行ない、子どもたちのレベルの高さに感銘を受けました。それが縁となり、今年8月に札幌ジュニアジャズスクールがジャズのさかんな国ノルウェーへと遠征することとなりました。
 

写真:  Pierre de Brisis /MFA Norway /Vigeland-museet /BONO   .写真: Pierre de Brisis /MFA Norway /Vigeland-museet /BONO
 
札幌ジュニアジャズスクールは、札幌芸術の森を拠点とし、小中学生を対象に質の高いジャズ教育を行なっているスクールです。ノルウェー滞在中、ジュニアジャズスクールのメンバーは、ノルウェーのジャズスクールとの交流、オスロ近郊の町やオスロジャズフェスティバルでの演奏など、盛りだくさんのプログラムをこなします。

 

札幌芸術の森には、門外不出とされるノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランの作品5点が、オスロ市との特別な貸与契約により設置されています。


今年はその契約が延長される節目の年にあたり、札幌ジュニアジャズスクールのメンバーはオスロのヴィーゲラン公園への訪問も予定しています。


 

 

 

 


Bookmark and Share