Anette Sagen. 
写真: Scanpix / Gorm Kallestad.Anette Sagen. 写真: Scanpix / Gorm Kallestad

新ホルメンコーレンスキージャンプ台オープン Anette Sagen(アネッテ・サーゲン)の歴史的ジャンプ 

最終更新日: 17.03.2010 // オスロのホルメンコーレンに完成した新ジャンプ台のオープニングで、女子選手のAnette Sagenが記念すべき第一本目のジャンプを行ないました。

1892 年に第一回スキージャンプ競技が行なわれて以来100年以上にわたりホルメンコーレンはノルウェースキー界の中心的な存在となっています。初代のジャンプ台は木造の骨組みを雪で覆ったもので、1万人の観衆を集めて行なわれた第一回大会の記録は21.5メートルでした。
その後、今回の全面改修を含め18回にわたり改修・建替え工事が施されてきました。

デンマークの設計事務所Julien de Smedt Architectsがデザインしたホルメンコーレンスキージャンプ台. 
写真: JDS/Julien de Smedt Architects.デンマークの設計事務所Julien de Smedt Architectsがデザインしたホルメンコーレンスキージャンプ台. 写真: JDS/Julien de Smedt Architects
 
世界で初めて防風対策が施されたジャンプ台 . 
写真: Ski-VM 2011 / Christian Ruscetta.世界で初めて防風対策が施されたジャンプ台 . 写真: Ski-VM 2011 / Christian Ruscetta

オープニングジャンプ
3月3日のオープニングに先立ちオスロ市は、新ジャンプ台のオープニングジャンプを行なうに相応しいスキーヤーを提案するよう国民に呼びかけました。この結果を参考に、オスロ市議会での話し合いの結果、Anette Sagen選手が公式オープニングでジャンプを行なうことに決定しました。「サーゲンは若い女性スキージャンプ選手のロールモデル。彼女が選ばれたことは真に喜ばしい」と、ノルウェースキー連盟でスキージャンプ競技を担当するClas Brede Bråtenが語っています。


女子スキージャンプ界の第一人者

Anette Sagen(1985年生れ)が初めてメディアで注目されたのは、十分な実力があるにもかかわらず2004年冬のスキーフライング世界選手権への参加が許可されなかった時のことでした。それまでも男子選手と互角に競技に出られる女性選手がいたものの、主催者側は女性にそれだけの実力があるとの判断はしていませんでした。

その後同じ年に行なわれた大会で女子の参加が許可され、サーゲンはVikersundで行なわれたスキーフライング大会で174.5メートルの飛距離をマークし、女性によるスキージャンプの最長距離を記録しました。その後、オーストリアのDaniela Iraschkoにこの記録が破られました。


新記録
新ジャンプ台でのAnette Sagenのオープニングジャンプは106.5メートルでした。自身の記録としては決してベストとはいえないものの「素晴らしいジャンプだった」と着地直後のインタビューで語ったとおり、記念すべきジャンプとなりました。

サーゲンに続き20名の男子選手がジャンプを行ない、Rune Velta(ルーネ・ヴェルタ)選手が141メートルの距離を飛び、新ジャンプ台における最長不倒距離としてこの日記録されました。


Bookmark and Share

ご存知でしたか?

冬冬季オリンピック大会の競技種目のうち、スキージャンプのみ女子の試合が行なわれていません。