美術/工芸/写真

2013年夏ベルゲンで開催されたDOLKの個展に参加されたGypsey Eyesの山本誠剛さんがノルウェーのストリートアートシーンに関する報告を寄せてくださいました。 更に読む

「The Scream from Nature」は、人と自然のかかわりについて意識を高めることを目的にノルウェーのアーチストLise Wulffが立ち上げた環境アートプロジェクトです。不安を象徴するムンクの「叫び」のモチーフを様々な形で表現しソーシャルメディアを使って世界中の人々と共有しようと呼びかけています。 更に読む

Edvard Munch: Self-Portrait at the Clinic 1909. 
写真: © Munch Museum/ Munch-Ellingsen Group/ BONO, Oslo 2012 .

画家エドヴァルド・ムンクは多くの原稿を書き残しています。そこにみられる自身の作品制作に関する考えを文章で表現する能力は、世界に知られるムンクの芸術性を支えています。 更に読む

Edvard Munch: Pikene på broen / The Girls on the Bridge 1901. 
写真: © Munch Museum/ Munch-Ellingsen Group/ BONO, Oslo 2012.

2013年は、ノルウェーの国民的画家エドヴァルド・ムンク(1863-1944) の生誕150周年です。 更に読む

Dolk in Harajuku

ノルウェー出身のステンシルグラフィティアーティストで、世界中で評価されているDOLK(ドルク)が初来日し、東京、大阪をはじめとする各地で作品を制作しました。 更に読む

POWERLESS STRUCTURES, FIG.429 / ELMGREEN&DRAGSET

新潟県・十日町にオープンした「越後妻有里山現代美術館/キナーレ」に、Elmgreen & Dragsetの作品が展示されました。 更に読む

写真: Wang Lei / Zuma Press / NTB scanpix.

去る5月2日、NYのサザビーズで競売にかけられたムンクの代表作「叫び」が、絵画としては最高額の1億2千万米ドルで落札されました。 更に読む

©Munch-museet/Munch-Ellingsen gruppen/ BONO 2009

ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが2013年に生誕150年を迎えます。これを記念して行なわれる一連の事業に対し、出光スノーレ石油開発(株)の現地法人 出光ペトロリアムノルゲが400万ノルウェークローネを寄付することを発表しました。 更に読む

「トライアングル」Gustav Vigeland

札幌芸術の森野外美術館に、ノルウェーを代表する彫刻家グスタフ・ヴィーゲラン(Gustav Vigelan)の作品が公開展示されています。 更に読む

彫刻家の田邊光彰(たなべみつあき)氏による野生の稲の種子の彫刻作品がスヴァールバル種子貯蔵庫(Svalbard Global Seed Vault)に寄贈されました。 更に読む