ムンク生誕150年記念プロジェクト支援―出光ペトロリアムノルゲ

©Munch-museet/Munch-Ellingsen gruppen/ BONO 2009©Munch-museet/Munch-Ellingsen gruppen/ BONO 2009

最終更新日: 26.03.2010 // ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクが2013年に生誕150年を迎えます。これを記念して行なわれる一連の事業に対し、出光スノーレ石油開発(株)の現地法人 出光ペトロリアムノルゲが400万ノルウェークローネを寄付することを発表しました。

出光グループはCSR(企業の社会的責任)活動の一環としてこれまで約20年にわたりオスロのムンク美術館に支援を行なっています。

1993年、オスロのムンク美術館の拡張・改修工事のために5千7百万NOKの資金を援助しました。また2007年には、盗難の被害に遭った2作品「叫び」「マドンナ」の研究・修復・展示事業にも支援を行なっています。

こうした経緯から、東京・丸の内の出光美術館にはこれまで15年にわたり毎年3点のムンク作品が入替えられ通年で常設展示されてきました。現在は、「頬杖をつく自画像」「波」「大きな犬と小さな犬」の3作品が公開展示されています。

 


Bookmark and Share