環境アートプロジェクト「The Scream from Nature」

最終更新日: 30.07.2013 // 「The Scream from Nature」は、人と自然のかかわりについて意識を高めることを目的にノルウェーのアーチストLise Wulffが立ち上げた環境アートプロジェクトです。不安を象徴するムンクの「叫び」のモチーフを様々な形で表現しソーシャルメディアを使って世界中の人々と共有しようと呼びかけています。

ムンクが「叫び」を描いてから100年が経ち、現在世界中でさまざまな環境課題に直面しています。干ばつ、山火事、洪水、地崩れ、異常気象、氷河の氷解、海面上昇、絶滅の危機に瀕した動物や植物。環境アートプロジェクト「The Scream from Nature」は、こうした問題を自然が発する悲痛な「叫び」と捉え、環境にできることは何かを考え行動を起こそうと、人々の意識に訴えます。

現在、Facebook「The Scream from Nature」には、リサイクルをテーマにした作品などユニークな「叫び」が数多くアップされています。
https://www.facebook.com/thescreamfromnature

 
「The Scream from Nature」は、環境団体のBellona、CSRコンサルティングのPureCSR、Norway Cup、アーティストBranislav Nikolic、UNEP等との協力で行なわれています。またムンク生誕150年を記念するMunch150の公式イベントのひとつに数えられています。

 

リンク:

 


Bookmark and Share