17 May at Lørenskog. 
写真: Royal Norwegian Ministry of Foreign Affairs .17 May at Lørenskog. 写真: Royal Norwegian Ministry of Foreign Affairs

ナショナルデー 5月17日・ノルウェー憲法記念日

1814年5月17日にノルウェー憲法が制定され、今日ではこの日をナショナルデーとして祝います。ノルウェーでは、憲法記念日の祝祭が子どもたち中心に行なわれるのが特徴です。

ナショナルデー当日、多くの人が民族衣装「ブーナッド(Bunad)」を着用し、華やかな雰囲気の中ノルウェー各地でブラスバンドを先頭に国旗を手にした人々によるパレードが行なわれます。

5月17日の憲法記念日の祝い方は地方により異なりますが、どこでも伝統的に子どもたちの日と考えられています。当日は、国旗を手にした子どもたちによるパレードが沿道で見守る地元の市民とともに祝祭ムードを盛り上げます。パレード終了後には、ホットドッグやアイスクリームが出されゲームに興じたり、映画上映会が行なわれるなど、楽しく一日を過ごします。

17.maiPhoto: MFA / Hege M. K. Hansen

服装
この日人々は正装し、ノルウェー国旗をあしらったバッジやリボンを胸につけて憲法記念日を祝います。近年、民族衣装のブーナッドを着用する人が多くなっています。ブーナッドはその地方によりデザインが異なります。多種多様なブーナッドを着た人々が一堂に会する様子は、この日ならではの光景です。

食事
憲法記念日の食事には、春も盛りの5月に相応しいメニューが選ばれます。子どもたちにはホットドッグやアイスクリームが人気ですが、その他に燻製肉やソーセージ、伝統的なサワークリーム粥などを用意します。また屋外でバーベキューをする人々も多く見られます。デザートやケーキも欠かすことができません。パレード前には、学校単位あるいは各家庭で朝食会を開きます。

高校卒業記念を祝う-russ
この時期は学年度末にあたり、5月17日は高校の卒業を祝う日でもあります。「russ」と呼ばれるその年の卒業生は、この日、色とりどりのオーバーオールを着て大騒ぎをします。ペンキで絵やスローガン、ジョークを描きたてた車やバスを仕立て、大音量で音楽を流しながらパレードを行ないます。

国外での憲法記念日
ノルウェー国外に住むノルウェー人やノルウェーにルーツを持つ人々も、それぞれ憲法記念日を祝います。海外では、ノルウェー海員協会、大使館、留学生会、および、その他ノルウェー関連の協会などが中心となり、憲法記念日のパレードやパーティーが行なわれます。

歴史
ノルウェー王国憲法は1814年に制定されました。ノルウェー議会がはじめて憲法記念日を祝ったのは1836年5月17日のことで、以来、この日がノルウェーのナショナルデーとされてきました。子どもたちによるパレードは1870年にはじまりました。ノルウェー王室御一家がオスロの王宮のバルコニーから、パレードの人々に手を振り、挨拶をする習慣は1906年からのものです。



Bookmark and Share