日本・ノルウェー協会 2014年度新年会開催

最終更新日: 21.01.2014 // 去る1月15日、日本・ノルウェー協会の新年会が東京大神宮マツヤサロンにて開催されました。

日本ノルウェー協会合唱団のメンバー日本ノルウェー協会合唱団のメンバー
 
毎年恒例となった新年会で、今年の参加者はこれまで最多の約100名を数えました。当日は、植草ひ ろみ氏、田原さえ氏によるチェロとピアノの演奏に加え、日本ノルウェー協会合唱団によるコーラスが披露されました。

新会員および今年の活動計画が紹介された後の挨拶のなかでウォルター大使は、ノルウェーと日本の交流と友好親善に貢献する協会の日頃の活動に感謝の意を表しました。

続いて大使は、ノルウェーと日本による科学技術協力協定締結から10周年にあたりセッツオース教育・研究副大臣が来日、ムンク生誕150年を記念し国立西洋美術館で特別版画展が開催され注目されたことなど2013年を振り返るとともに、今年6月のノルウェー・日本マリンサイエンスウィーク(仮称)をはじめとする今後の計画に触れ、幅広い分野で引き続き活動を展開していくと語りました。(ムンク版画展は、今年の3月9日まで開催されています。)
 
大使はまた、東北の復興にはチームノルウェーとして、漁業と沿岸開発、水産物の安全、災害への備え、再生可能エネルギー、環境技術、女性のエンパワーメント等の分野で今後も息の長い支援を継続していくと述べました。

 
http://www.norway-japan.org/ja/

Bookmark and Share