Norway for Japan ノルウェーの支援

おもちゃの図書館いそひよ . 
写真: Norwegian Embassy Tokyo.

ノルウェーは被災によって失われたコミュニティ活動を促進する町の事業を支援しています。 更に読む

南三陸町志津川湾の日の出

11月7日-8日にリーメスタ大使が仙台、南三陸、石巻を訪問し復興の様子を視察しました。 更に読む

表彰伝達式. 
写真: Elkem/石巻商業高校.

宮城県の石巻商業高校には、東日本大震災後の10月にノルウェーのエルケム社から寄贈された太陽光発電施設が設置され、「サンシャイン・プロジェクト」として、学生が復興と地域の再興のために再生可能エネルギーの勉強に利用してきました。この度プロジェクトが「想像力無限∞高校生ビジネスプラン・グランプリ」でベスト100に選ばれ、表彰を受けました。 更に読む

子どもオンブッドとともに. 
写真: せんだい男女共同参画財団.

復興支援に携わる被災地の女子学生が、ノルウェーを訪れ、現地の若者との交流から感じた“男女平等のヒント"を仙台市で報告します。 更に読む

調印を終え握手を交わす西垣宮城大学学長とウォルター大使. 
写真: Miyagi University.

東日本大震災で被害を受けた東北水産業の復興を支援するため、宮城大学の主導で進められるプロジェクト「東北水産業復興研究会」にノルウェーの支援基金が贈られることとなり、去る24日に西垣宮城大学学長とウォルター大使により協定書の調印式が行なわれました。 更に読む

ノルウェー国会にて。背後の絵は1814年の憲法制定の様子を描いたもの。. 
写真: せんだい男女共同参画財団.

宮城県、福島県で学ぶ6名の女子大生が10月上旬にノルウェーを訪れ、男女平等を支える社会の仕組について知るために関連機関を訪問したほか、同世代の若者と交流を行いました。 更に読む

写真: Innovation Norway.

被災地の復興に携わる女性の人材育成を目的とした東日本大震災復興女性リーダーシップ基金(ノルウェー基金)の事業に関するウェブサイトがオープンしました。 更に読む

SOWING SEEDS展は、4人の日本人写真家が撮った東日本大震災当時から現在に至るまでの各被災地の様子や日常を、様々な手段、展示方法を通じて伝える展覧会です。 更に読む

写真: Tokoname Epcos.

東日本大震災で家屋を失った人々のために考え出された「みんなの家」は、人々が集まって語り合い、心の安らぎを得ることの出来る集会所です。この度陸前高田市にも完成し、ノルウェーのヨツール社の薪ストーブが設置されました。 更に読む

左からベルグ=ハンセン大臣、ウォルター大使、奥山市長、遠藤理事長. 
写真: City of Sendai.

被災地の復興に携わる女性の人材育成を目的とした「東日本大震災復興のための女性リーダーシップ基金」がノルウェーからの拠出金で設置されることになり、11月3日にベルグ=ハンセン漁業・沿岸問題大臣立会いのもと、仙台市で協定書の調印式が行なわれました。 更に読む

Alu Rehab AS(アルリハブ社)-国際福祉機器展 H.C.R.2012に出展. 
写真: Innovation Norway.

ノルウェーの代表的なコンフォート車いすメーカー、Alu Rehab AS(アルリハブ社)が2012年9月26日~28日に開催された第39回国際福祉機器展 H.C.R.2012に出展するために来日しました。 更に読む

宮城大学が進める被災地の漁業復興支援プロジェクトの一環として、ノルウェーの水産業に関する知識を高めることを目的とするスタディーツアーが9月末に行なわれました。 更に読む

Hywind - world's first full-scale floating wind turbine offshore. 
写真: Ynge Ask / Innovation Norway.

「海洋エネルギーと漁業の共存」をテーマに、8月28日から11日間のスタディーツァーを実施しました。 更に読む

ノルウェーを訪問した石巻商業高校生一行. 
写真: Elkem Japan.

昨年の東日本大震災の直後にスタートした「エルケム・サンシャイン・フレンドシップ・プロジェクト」(京セラ・三井物産協賛)の一環で、石巻商業高校生7名が今夏ノルウェーを訪問しました。 更に読む

ノルウェー水産物審議会の理事らが石巻を訪れ海苔養殖事業の復興に対する支援を確認しました. 
写真: NSC.

東日本大震災で被害を受けた、宮城県石巻市の海苔養殖の復興を支援するために、ノルウェーの水産業界から寄付金が贈られました。 更に読む

写真: John Petter Reinertsen/Statkraft.

東日本大震災発生から1年が経過しました。今年の3月11日に、オスロとベルゲンで日本人とノルウェー人の演奏家による特別コンサートが開かれます。 更に読む

写真: Erik Jørgensen/www.visitnorway.com.

昨年3月11日に発生した東日本大震災は、地震、津波、原発事故という3つの災害を同時にもたらし、それによって多くの方々が大切な家族や自宅、職場を失いました。多大な苦しみを味わったにもかかわらず、現実から目を逸らすことなく前に進もうとされている被災者の皆様に対し、深い尊敬の念と共感の意を表したいと思います。 更に読む

写真: Per Eide/www.visitnorway.com.

震災遺児の教育・進学を支援するため、ノルウェーの海運会社ギアバルク社(Gearbulk)の関連財団、KGJ財団(Kristian Gerhald Jebsens Foundation)が奨学金を贈ることを決め、2月7日に石巻市教育委員会で覚書の調印式が行なわれました。石巻市内の中学・高校3年生の遺児を対象に、一人当たり30万円の奨学金が7年間にわたり給付されます。 更に読む

写真: Re:member 3.11~pray for Japan~.

ベルゲン大学に留学する日本人学生を中心に、東日本大震災の実情を現地の人々に伝えることを目的に開催される写真展です。震災直後から時を経て復興へ向けて歩みを進める様子を伝える写真を展示します。 更に読む