南三陸町志津川湾の日の出南三陸町志津川湾の日の出

リーメスタ大使東北訪問

最終更新日: 13.11.2014 // 11月7日-8日にリーメスタ大使が仙台、南三陸、石巻を訪問し復興の様子を視察しました。

 
着任後初めてとなる東北訪問の目的は、ノルウェーが関わる復興支援プロジェクトの関係者を訪問し、各地の復興状況を視察することにありました。

せんだい男女共同参画財団では、災害・復興における女性のリーダーシップ育成に関する基金プロジェクト(ノルウェー基金)の進捗状況の説明を受け、その後、津波で大きな被害を受けた荒浜小学校を視察しました。さらに奥山恵美子仙台市長を表敬、今後も引き続きノルウェーと仙台市との協力を深めるとともに、来年3月に仙台で開催される国連防災会議に関連して開催されるパブリックイベント「女性と防災」等について意見を交換しました。

奥山仙台市長と. 
写真: Norwegian Embassy Tokyo.奥山仙台市長と. 写真: Norwegian Embassy Tokyo
 
また、東北大学の男女共同参画推進センターを訪問し、次世代の女性研究者である女子高校生・女子大学生のロールモデルとして普及活動を行っている理系女子大学院生グループ「サイエンス・エンジェル」から活動の模様を聞きました。ノルウェーでも特に科学の分野で女性研究者・女子学生の数が少ないことが問題となっています。また、エネルギーおよび素材分野におけるノルウェー・日本間の研究協力の場として発展してきたKIFEE(環境とエネルギーにおける京都国際フォーラム)の雨澤教授とも面会しました。

南三陸町では、震災直後から自発的に被災者の受け入れをしたホテル観洋の阿部憲子女将から当時の様子と、特に若い人口の減少問題について伺いました。また、2012年にノルウェーの水産業の視察に訪れた若手の水産業者と面会、復興の様子や、ノルウェーの養殖技術を活用したウニの養殖について話を聞きました。さらに、南三陸町による草の根の市民活動に対する支援事業のうち、ノルウェーが支援をする子どもと若者を対象とした事業のひとつ、障がい児の施設「おもちゃの図書館いそひよ」を訪問しました。
おもちゃの図書館いそひよにて 左から南三陸町役場大森氏、エムテルード参事官、大使夫人、大使、いそひよ館長鈴木氏. 
写真: Norwegian Embassy Tokyo.おもちゃの図書館いそひよにて 左から南三陸町役場大森氏、エムテルード参事官、大使夫人、大使、いそひよ館長鈴木氏. 写真: Norwegian Embassy Tokyo
 

石巻市では、石巻市場を訪問、建設中の新市場と、安全・安心なさかなの提供の為に導入された最新の放射能検査装置を見学しました。

大使は、「東日本大震災の様子はこれまで多くの画像を目にし話を聞いてきたが、やはり実際にその場に来ることで非常に強い印象を受けた。現地の方々とお会いし現在の状況を伺えて大変良い機会だった」と語っていました。

南三陸町. 
写真: Norwegian Embassy Tokyo.南三陸町. 写真: Norwegian Embassy Tokyo
 

Bookmark and Share