ビザ・滞在許可申請の準備について

最終更新日: 27.08.2012 // 申請を準備される前に、以下をお読みください。

シェンゲン・ビザと滞在許可の違いにご注意ください

シェンゲン・ビザは、ノルウェーあるいはシェンゲン協定加盟国内決められた期間(ビザの種類によって異なります)90日を上限として短期に滞在するための許可です。日本のパスポートをお持ちの方は短期滞在のためのビザを取得する必要はありません。
滞在許可は、ノルウェーに90日を越えて滞在する方全員が必要になる許可です。通常は、長期滞在するのにふさわしい理由(留学、就労、家族移住)がある申請者に対してのみ発給されます。

オンライン事前申請

オンライン申請のためのApplication Portalを利用し、申請登録をして申請手数料を支払ってください。申請者本人が大使館に来館し、全添付書類を提出するまで申請は完了しませんのでご注意ください。

オンライン申請に問題がある場合は、電子メールで大使館に連絡してください。

書類の準備について 

提出書類は全て原本である必要があります。原本の返却を希望する場合は、コピーを準備してください。

パスポートのコピーを準備する必要があります。使用済みページのコピー(IDページ、査証発行ページ、入国および出国スタンプ押印ページなど使用箇所は全て)を準備してください。

滞在許可書を申請する場合、公的機関が発行した日本語の書類(出生証明書、婚姻証明書、戸籍謄本など)については書類の真性さを証明するため、アポスティーユの添付が必要です。

滞在許可書を申請する場合、全ての書類はノルウェー語または英語である必要があります。申請書類はノルウェーで審査されるため、申請者本人の責任のもと、審査官が理解できる書類を提出する必要があります。日本語またはその他の言語で記載された書類は無効とみなされることもあります。

公認翻訳機関のリストはありませんが、翻訳機関によって証明された翻訳については一般的に受領されています。大使館においても場合によっては翻訳サポートをおこなっています。

シェンゲンビザ申請においても特定の書類において翻訳が求められることもあります。

必要添付書類の提出と予約手続き

ビザや滞在許可証の申請手続きには数多くの書類が必要です。申請される方は電子メールで大使館に事前に予約を取ったうえ、予約当日に必要書類一式をご持参ください。予約にあたっては、大使館に電子メールconsular.tokyo@mfa.noを送り、都合のよい日時をいくつか挙げてください。

申請は東京の大使館でのみ受け付ており、各地の領事館では受け付けておりません。申請者の方は全員、本人が東京の大使館に来館し、求められている書類を提出しなければなりません。

申請フォームそのものはオンライン経由で大使館へ送信されますので、提出する必要はありません。

添付書類の中で原本の返却を希望されるものがあれば、原本の他にコピーも用意して持参してください。原本と付き合わせた上でご返却いたします。

また、パスポートについては、新旧のパスポート全てにつき、写真のページ・出入国記録の押してある使用済みのページ全てのコピーを取り、原本と併せて提出してください。 

委任状(Power of Attorney)

申請にあたり、代理人を指名することが可能です。代理人を指名すると、申請者の案件について代理人が情報を受け取ったり問い合わせをしたりすることができるようになります。代理人を指名するためには、委任状を提出しなければなりません。
委任状が提出されていない場合、家族や同僚など申請者本人以外の方が申請案件に関する情報を得ることはできません。また、代理人を指名する場合でも、書類の提出に際しては申請者本人が来館する必要があります。

審査にかかる日数

シェンゲン・ビザの場合:
シェンゲン・ビザ(観光、商用)の申請から承認までにかかる日数は個々のケースによって異なりますが、渡航予定日まで必ず数週間の余裕をみて申請してください。


込み入った事情がない場合は駐日大使館で対応できます。その場合、シェンゲン・ビザの発給には、大使館がすべての必要書類を受け取った日から数えて8~15日間かかります(それ以上かかる場合もあります)。

複雑な事情がある場合や滞在許可証の申請については、ノルウェー入国管理局(UDI)が対応します。この場合は、通常の場合より審査に時間が掛かります。

滞在許可の場合:
滞在許可申請の審査は、シェンゲン・ビザよりずっと長い時間が掛かります。ノルウェー渡航予定日まで必ず数ヶ月間の余裕をみて申請してください。UDIによる審査の所要日程の目安についてはこちらをご覧ください>>Case Processing Time

申請手数料

申請手数料は、オンラインで申請登録を済ませた後に、こちらもオンラインでクレジットカードかデビットカードによりお支払いいただきます。支払い手続きが問題なく済んだ後で申請が大使館に送信されます(通常は数秒以内に処理されます)。VISAまたはマスターカードでの支払いとなります。

オンライン申請を間違いなく進めるために、手数料の支払いを免除されている方もまずは支払い手続きをする必要がありますが、手数料の金額が申請者の銀行口座に記入されるだけで、実際に徴収されるわけではありません。 申請者が来館のうえ、申請手数料の支払い免除を証明する書類を提出すれば、大使館はすぐに返金します(オンラインによる返金)。

なお、オンラインで手数料支払いの手続きをしてから14日以内に申請者が来館されない場合、その金額が決済サービス業者(DIBS)に返金されます。返金には、2~3週間かかります。

審査結果の通知

審査結果がでると大使館に通知されますので、大使館から申請者に通知します。

申請が承認された場合

ビザの申請を承認された方には、大使館がパスポートにビザ・シールを貼付します。申請者のご希望により、審査結果が出るまでのあいだ大使館がパスポートをお預かりし、ビザ・シールを貼付したパスポートを大使館から郵送することもできますし、ビザ・シールの発行準備ができた時点でご本人が来館してシールを受け取ることもできます。

滞在許可が下りた方には確認書が電子メールで送られます。ノルウェー入国後7日以内にパスポートを地元警察署へ持参すると、警察から在留カードが発行されます。

ノルウェーに入国するためにビザが必要な方には、大使館でビザが発行されます。

申請が却下された場合

申請を却下された方は、再申請または不服申し立てを行うことができます。


 


Bookmark and Share